このページの先頭へ

土地購入の前にハザードマップを確認する!

土地購入の前にハザードマップを確認する!

土地探しをされている皆さんが、
これから住もうとする立地に、
どんなリスクがあるか知っておくことは、
とても大切なことです。

 

国土交通省のハザードマップポータルサイトを利用すれば
災害リスクを調べることができます。

kokudo-map

https://disaportal.gsi.go.jp/

 

ハザードマップには、
洪水、内水、高潮、津波、土砂災害、火山
区分があります。

 

国土交通省のサイトから見て公開されていない情報も
自治体のサイトを見ると公表しているところもあります。

 

特に土砂災害は2種類の区域が指定されています。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン) 住民等の生命または身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域
土砂災害警戒区域(イエローゾーン) 住民等の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域

宅地建物取引業者は宅地や建物の売買にあたり、
警戒区域であることを説明する必要があります。

 

また最近ではゲリラ豪雨が全国各地で発生しています。

 

ゲリラ豪雨の被害に備えるため内水ハザードマップがあります。
「内水」とはあまり聞き慣れませんが、
地域に降った雨が河川にたどり着く前に、
あふれる状態のことを「内水氾濫」といい、
内水氾濫をマップに示したのが、
内水ハザードマップ」です。

 

浸水がどの程度想定されているかを、
自治体のホームページや役場に尋ねて確認しておきましょう。

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント