このページの先頭へ

「土地」か「工務店」先に決めるのは?

「土地」か「工務店」先に決めるのは?

私たちは家づくりを始めてから
土地探しと工務店探しを並行して
進めていました。

 

今から思うと、時間を無駄にしていたなと思います。

 

まずは【工務店(建築会社)】を決めるべきです。

 

「この土地なら!」と希望する土地を
見付けることができたとしても
建築するにはたくさんの規制があります。

 

◯用途地域
◯建ぺい率
◯容積率
◯高さ制限
ほかにも防火地域の規制など、
建築するに当たって注意しなければいけないことは
たくさんあります。

 

例えば、
延床面積35坪で間取り4LDKの家を建てたいとします。

 

土地1,000万円、建物2,000万円の予算で
駅近くに敷地面積35坪の1,000万円の土地を見つけ
購入しました。

 

toti

 

早速、建築会社に建物2,000万円の予算で相談したところ、
第一種低層住居専用地域」であることを知りました。
となると「建ぺい率40%、容積率80%」で、
35坪の家なら土地は43.75坪は必要です。
(35÷80%=43.75)

 

しかも実測値を調べたところ
35坪と思って購入した土地は33坪しかない!
公簿売買(実際に測量した面積ではなく、登記上の面積で売り買いする)
で契約したからです。
実測売買(実測値に基づいて売買する)であれば
こんなことにはならなかったのですが・・・

 

さらに水道管が通っていないので、近くの埋設管から
引き込み工事をするため50万円必要とのこと。
たしかに土地を売買した時の
重要事項説明書の備考欄に書いてあったのですが、
こんなにかかるなんて・・・

 

などなど、土地を先に決めてしまうと
想定より家は小さくなるし、
想定外のお金がたくさん必要になるし、
大変なことになります。

 

工務店を先に決めてからでしたら
土地1,000万円、建物2,000万円としても
トータル3,000万円の予算の中で
どんな土地でどんな家がつくれるのか
具体的に提案していただけると思います。

 

もちろん想定される水道管の引き込み工事、
地盤改良などの費用も含めてです。

 

素人がどれだけ勉強しても、
どれだけ建築費用がかかるかは
実際に工事する人しか分かりません。

 

それに不動産会社と仲良しの建築会社でしたら、
「これは!」と思う優良な土地情報の把握を
怠っていないでしょう。

 

そして本気になって相談している方に
優先的に情報提供してもらえるはずです。

 

時間を無駄にされることがないように
建築会社をまず決めてください。

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント