このページの先頭へ

建売の諸経費、これだけ必要でした。

建売の諸経費、これだけ必要でした。

syokeihi

私たちが購入した3,000万円の建売ですが、
諸経費が約200万円発生しました。

 

とてもラッキーだったのは、
建売は売主(建築会社)の直接販売だったので
仲介手数料が発生しなかったことです。
これで100万円くらい払わなくてすみました!

 

諸経費の内訳は次のとおりです。

印紙代(売買契約書)

10,000円

 
契約書印紙代(金銭消費貸借契約証書)

20,400円

 
建物表示登記料(土地家屋調査士)

83,000円

 
所有権移転保存登記料(司法書士)

295,000円

 
固定資産税・都市計画税精算分

101,900円

 
ローン保証料(融資金額30百万円)

595,000円

 
事務手数料(銀行)

54,000円

 
事務手数料(建売販売会社)

65,000円

 
引越代金(エアコン1台移設込)

120,000円

 
カーテン

200,000円

3LDK(カーテンレール購入・取付込)
照明

100,000円

3LDKの間取&廊下&玄関
火災保険(期間35年)

415,900円

現在は長期10年までになっています。
近隣挨拶

10,000円

 

本当に必要な経費です。
これだけは覚悟しないと
家を購入することができません。

 

ほかにもエアコン・ラグ・テレビ・ソファも購入しました。

 

◯FUJITSU「ノクリア」Xシリーズ 23畳タイプ
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/2017/nocria-x/index.html

 

◯低反発&高反発の2層構造ハイブリッドラグ 『フィット』 190x240cm
http://www.bicklycarpet.com/?pid=63069689

 

ハイブリッドラグはじんわり沈む低反発で
横に転がってもフローリングが固くなく、
とてもリラックスできます。

 

住んでいたアパートで使えるものは続けてと思ったのですが念願の新築です。
家具・家電製品を奮発して揃えたくなりました(笑)

 

皆さんも諸経費プラス?円見込んでおいたほうが
無難ですよ。

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント