このページの先頭へ

住宅購入時の諸経費は?

住宅購入時の諸経費は?

土地・建物の見積もり合わせて、これなら購入できるかも!
と安心されるかもしれませんが、プラス諸経費が必要です。

 

我が家が土地1,000万円・建物2,000万円で購入を計画したところ、
「諸経費がこれだけかかります」と伝えられた金額が次のとおりでした。
印紙代・仲介手数料以外はすべて概算です。

 

【土地関係(1,000万円の場合)】

土地契約印紙代

10,000円

 
土地仲介手数料

360,000円

10万円(200万円まで5%)+8万円(200万円超〜400万円まで4%)+18万円(400万円超3%)=36万円 
登記費用等

300,000円

所有権移転登記、抵当権設定登記、固定資産税清算、登録免許税等
地盤調査費(SS試験)

50,000円

 
地盤改良工事

600,000円

調査結果によってはもっと高額になる可能もあるし、工事をせずに済むかも?

【建築工事(2,000万円の場合)】

工事請負契約印紙代

10,000円

 
登記費用

150,000円

表題登記、保存登記等
確認申請手数料・完了検査手数料

60,000円

 

【建築以外に必要な費用(3LDKの住宅を想定)】

カーテン・ブラインド・絨毯

200,000円

 
照明器具

200,000円

 
エアコン

200,000円

 

【住宅ローン関係(3,000万円借入の場合)】

ローン保証料

600,000円

30年分。金融機関によって異なります。無料にしている金融機関や商品(フラット35)などもある。
事務手数料

50,000円

 
登記費用

180,000円

抵当権設定登記等
契約書印紙代(金銭消費貸借契約証書)

20,000円

 

【その他】

火災保険料(1年分)

40,000円

建物2,000万円、家財1,000万円
地震保険料(1年分)

20,000円

建物1,000万円、家財500万円。火災保険とセットで契約。
引越費用

100,000円

 
祭典費用(地鎮祭等)

25,000円

 
近隣挨拶等

15,000円

 

びっくりしました。
319万円の諸経費が必要です。

 

運が良ければ地盤改良はしなくても良いかもしれません。
登記は自分で出来れば実費で済むかもしれません。
概算なので住宅ローンの検討、カーテン費用を複数社と
比較するなど頑張れば、もう少し額を下げれるかもしれません。
しかし、一般的には200〜300万円が必要になります。
見積書をいただいた時に、プラスこれだけ必要かなと
考えれるようになると、後で戸惑うことがなくなると思います。

 

建築会社と予算の打ち合わせをする時は、
忘れないようにしてください。

 

せめて諸経費は頭金で払っておきたいですね。

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント