このページの先頭へ

資産価値を考える!

立地の資産価値を考える!

資産価値を決める大きなポイントは立地です。

 

転勤や家族環境の変化を考えて、
「将来、家を売る可能性がある」
なら、絶対に考えておくべきです。

 

機能性が高く、自然素材がたくさん使用されている家でも
立地が悪いと売るのは大変です。

 

立地が良い条件はなんでしょう?
◯最寄りの駅に近い
◯土地が広い
◯日当たりが良い
◯商業施設が近く充実している
◯治安が良い
◯接道条件が良い

 

いろんな要素がありますが、
日本中どこの地域でも
「最寄駅まで徒歩数分で行ける」
は大きなポイントです。

eki

もちろん、どんな駅でも良いとはいえません。
最寄駅の
◯都市部への時間
◯停車本数
◯商業施設の充実度
など駅の機能・利便性と比例して、
駅周辺の土地価格も決まってきます。

 

実際に駅周辺の価値を知ろうと思うと
参考になるのが家賃です。

 

ファイナンシャルプランナーの方から
収益還元法」という
資産価値を見極める方法を教わりました。

 

[計算式]収益÷還元利回り=不動産価格
(例)
賃料12万円 諸経費2万円 年間収益120万円
還元利回り5%
120万円÷0.05%=不動産価格2,400万円

 

この計算方法で考えると
毎月賃料12万円で家賃が取れる物件の場合で、
不動産価格は2,400万円です。

 

驚きました。
私たちの住んでいる地域で賃料12万円となると、
駅近くでもかなり条件の良いアパート・借家が借りれます。

 

駅から徒歩20分以上となると、
賃料12万円の条件は考えられません。

 

普通の人は、そんな高いアパートや借家に住むなら、
家を建てるか、もう少し安い条件で探します。
せいぜい10万円くらいです。
需要がありません。

 

そうした意味からも、
家を購入した時、その家を借家にした時に
いくらで家賃が設定できるか考えてみましょう。

 

そんなことはないのがいちばんですが(^o^)

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント