このページの先頭へ

重要事項説明書を事前にチェックを!

重要事項説明書を事前にチェックを!

zumensyorui

重要事項説明は、宅地建物取引主任者が
契約前に必ず説明しなければいけないことが
法律によって決まっています。

 

私たちは建売住宅を予約した時に営業マンの方から
「1週間後の契約の際に宅地建物取引主任者の方も同席して、
 重要事項の説明しますのでよろしくお願いします。」
と説明されました。

 

最初は「はい、分かりました。」と返事をしましたが、
ちょっと待ってください。
そんな大切な説明を契約の時にされても、
冷静な判断できません。
連絡して、重要事項に関する書類を事前にいただけるように
お願いしました。

 

 

【重要事項説明書】

主な項目

主な内容

チェックしたポイント

物件の表示

・土地(所在地・地目・公簿面積)
・建物(構造・外壁・床面積)

・全部事項証明書・地積測量図と相違ないか
・確認申請書と相違ないか

法令に基づく制限の概要

・都市計画法の制限内容
・建築基準法の制限内容
・その他の法令等

・都市計画区域・準都市計画区域に基づく制限の内容を確認
・第二種住居地域・準防火地域に該当することを確認
・景観法の区域に該当することを確認

宅地造成等規制法   造成宅地防災区域外
土砂災害警戒区域   土砂災害計画区域外
津波災害警戒区域   津波災害計画区域外
飲用水・電気・ガスの配給及び排水施設の整備状況   備考欄の記載なし
契約の解除に関する事項

・手付解除
・不可抗力による損害の負担の解除
・契約違反による解除
・融資利用の場合及び契約解除期限

・売主・買主は契約に違反し解除するときは、違約金として売買代金の10%を支払う
・銀行の融資が不成立になった場合は、契約を解除でき、売主は受領した手付金を返還しなければならない。

「重要事項説明書」には以下のとおり
附属書類も添付されていました。
◯重要事項説明書補足資料
◯確認申請書(建築物)(写)・確認済証(写)
◯越境物に関する覚書(写)
◯地積測量図(写)
◯全部事項証明書(写)
◯公図(写)
◯配置図・立面図・平面図(写)

 

記載の登記簿住所・面積・法の規制等確認しましたが、
特に気になることはありませんでした。

 

もし銀行の融資が不成立になった場合、
契約解除ができ、手付金も無条件で
返還してもらえることが記載されています。

 

ただし一覧の書類の中に「越境物に関する覚書」が
ありました。
隣の家の雨樋が私たちの敷地を数センチ越境しているようです。
隣家は古い住宅なので、敷地ぎりぎりまで
建てられているからです。
建売なので、隣家の所有者と建売業者の覚書ですが、
これが引き継がれるようです。
どうしようもないですね。

 

建売を購入した知り合いの方は、
契約の時に重要事項説明があり
建物の下に井戸があったため、
建築の時に閉じられ、
息抜きが設置してあることの説明があったそうです。

 

どこまで気にするかは、個人の価値観ですが
購入する不動産の情報は可能な限り事前に収集し
納得しておきたいですね。

 

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る

 

 

 


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント