このページの先頭へ

吉方位への引越しが実現!

私たちが実践した吉方位への引越し

方位に気をつけようと意識しだした私たちですが、住みたい地域は
駅周辺で決まっていました。

 

当時の住んでいた地域からだと南東に当たります。

 

となると年盤、月盤南東に問題ない
タイミングで引っ越すことが重要です。

 

平成26年の春に、予算的にも地域的にも私たちの条件と
一致した建売物件の情報が入りました。

 

ですが、その年に南東に引っ越しすると
年盤が凶方位にあたる暗剣殺の方位でした。

 

h26gogyo

 

    【年盤】平成26年2月4日から平成27年2月3日まで

 

それでも展示初日に住宅を見させてもらったのですが、
「私たちの後に4人見学の予約が入っている、予約受付順に決めます。」
とのことでした。

 

せっかく優先順位は一番にとれたのですが、、、

 

夫婦で話し合った結果、凶方位を理由に諦めました。

 

断る女性

そして、不動産屋さんに正直に方位を理由に断ると
「結構方位を気にされるお客さんみえますよ」
とのこと。

 

私たち夫婦は、ワガママでも突拍子もないことを言っているわけでもないようで
安心しました。

 

でも、その時は夫婦で凶方位への引っ越しはやめておこうという価値観が
一致していたので、その後、引き続き家探しをすることができました。

 

引越しの時期に凶方位を外せば良いのですが、住宅ローンと家賃の両方を
半年以上負担しなければいけないことを考えると決められませんでした。

 

方位を気にするなら、相当心に決めておかないとブレが出てしまうかも
しれません。

 

でも、大切な判断材料の一つになり、家探しの地域を絞ることができると
思います。

 

方位のことは本で読んだりネットで調べたりすればするほど気になりだし、
立地の次に方位を気にするようになりました。

 

せっかくの優良物件も方位を理由に断り、お世話になっている
不動産屋さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

ですが、条件は

 

駅から徒歩10分以内の立地
予算3,000万円

 

お世話になっている不動産屋さんには申し訳ないのですが
さらなる情報収集のため
townLife不動産売買
にも登録してみました。

 

それから半年ほどして、townLife不動産売買で提携している不動産屋さんから
来週の日曜日から展示を開始、予約を受け付ける建売物件の情報が入りました。

 

そこがなんと
駅から徒歩10分の立地
販売価格3000万円

 

平成27年春から入居可能で、年盤をみると南東
すべての人に共通する凶方位はありません。

 

H27teniban

     【年盤】平成27年2月4日から平成28年2月3日まで

 

すべての条件を満たしています。

 

日曜日いちばんの見学予約をしました。

 

建売なので注文住宅のように自然素材ではありませんが、日当たりが良く、
家相も唯一気にした鬼門(東北)裏鬼門(西南)の水回りもありません。

 

今回も、私たちの後に3人の見学予約が入っているが受付順とのこと、
おもいきって仮予約しました。

 

断るなら1週間以内に返事が必要とのこと、その間にお互いの両親に話したり、
可能な限り周辺の土地のことを調べたり、知り合いの建築士の人に家を
見てもらったりできることは全てやって、結果として我が家になっています。

 

引っ越した月は4月で東南は「二黒土星」の方位
(すべての人に共通する凶方位無)

 

H2704teniban

 

【月盤】平成27年4月5日から平成27年5月5日まで


年盤・月盤でも凶方位は避けることができました。

 

吉方位は諦めていましたが、主人は「九紫火星」で、一家の稼ぎ頭の本命を
優先したとすると、東南の方角で相性の良い「二黒土星」の年・月に
引越しすることができ非常にラッキーでした。

 

そんな簡単にと思うかもしれませんが、これまで何十件という不動産情報を
見てきましたが絶対譲れない条件を決めてからは、住宅購入までは
早かったです。

 

そこまで方位を気にする必要があるかと思われるかもしれませんが、
おかげさまで3年たちますが

 

家族全員大きな病気・事故なく元気に会社や学校に通っています。

 

皆さんも住宅購入をきっかけに、一層家族が幸せになっていくための
手段の一つとして参考にしていただければと思います。

日本地図雲

 

 

このサイトの方位学について

私が本で読んだり、先生に聞いたりして学んだ知識を掲載しているものです。
内容については一切責任を持てませんので、ご理解ください。

 

⇒駅近戸建ての購入記!TOPページに戻る


TOP 土地探しのポイント 住宅探しのポイント 建売住宅契約前のポイント 住宅入居前のポイント